2019年02月22日

トーフラーメン幸陽

となみにまたやられた 11時半前に到着したがスープ切れの為休業 とのこと
なかなか出会えませんね。三顧の礼に期待。

でも近くにトーフラーメン幸陽が!
メディアで取り上げられるこの店は古くからやられているだろうお父さんとお母さんで切り盛り。平日だったからかお客さんは皆、お歳を召している。古くからの地元のお客様でしょう。
そんなトーフラーメン650円。醤油ら〜めんに餡掛けのお豆腐。この餡掛けは埼玉の文化なのかね?娘娘とかも。でここはそこにトーフ。トーフって言うにふさわしい滑らかな舌触り。と言いつつべちゃべちゃではない。
餡ですから熱々です。麺をほじくり出すとラーメンスープ登場。スープは鶏や豚、野菜、和だしと言った昔ながらの醤油スープ。麺は細麺卵ちょい縮れ麺。これも昔ながら。一口で懐かしくなる。旨いっす。胡椒をいっぱいかけたら、スキー場ラーメンを思い出した。ドンドン食い進みます。
忘れた頃に餡とトーフで口の中を変更。餡掛けトーフもドンドン食い進みます。
で、あ、ラーメンだったと思い出しラーメンに戻る。を繰り返す。
腹減ってたからちょーどよかった。
ラーメンとトーフなもんでボリューム多いです。お腹一杯でもまだ食い進みます。なぜか止まらんのです。

派手さは全くないのですけどね。
娘娘もそうか。。古き良きラーメン。
地元に愛されるラーメンだね。

となみと真逆ね。でも次こそとなみに。
あ、そういえば食べログにあったけど生姜入れたら味立っていいアクセントになりそうだな。。

20190222123443110.jpg
posted by k at 12:36| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村